便意とは自分勝手な恋人だ。
 こちらの都合を全く考えず、来てほしい時には全然来ないくせに、絶対に来てはいけないという時に限って唐突に現れて体と心をめちゃくちゃに振り回す。最悪だ。DVだ。今すぐ別れるべきだ。健康で安定した食生活と睡眠が必要だ。
(――それができたら、苦労しない!)
 というわけで、早朝の満員電車の中、時原桐花は腹を抱えていた。これが爆笑の比喩だったならどんなによかったか。もちろん、文字通り両腕で腹を抱えこんでうめいているのが現実だった。なにも喩えていない。そのままだ。
 出がけに飲んだスムージーがいつになく効いたのか、それとも季節の変わり目でおなかが冷えたのか、あるいは理由なき胃腸の反乱か――いずれにせよ、改札を通る瞬間の肛門のうずきはもはや痙攣に近くなっており、打ち上げられた魚のようにせわしなく開閉を繰り返す菊門はいつ決壊してもおかしくない。下腹部はゴロゴロと遠雷のような唸り声をあげて、臓物を雑巾絞りするような鈍痛は渦を巻きながら三日分のナニを押し出そうとしている。これが寝起きの自室で起こったのならば、諸手を挙げて喝采したものを!
(死ぬ――このままじゃ死ぬ!)
続きを読む