ゼンマイ式倉庫

フカミオトハが適当にいろいろ置いたり喋ったりするブログです。 リンクフリーです。あまりそういうものはないかもですが一応R18。

適当にいろいろ置いたりいろいろ喋ったり宣伝したりします。
普通の小説はこちら→倉庫0108
ゼンマイ式航宙船:DLsiteページ
ゼンマイ式航宙船:DMM.comページ

【経口憑依2】

 ――女の体を乗っ憑ったオレは、そのまま脇の林の中にもぐりこんだ。
 この街はまだまだ田舎で、大きな通りのすぐ側に森や林があたり前のように残っている。
 何にも使われていない、ただ木々が、文字通り林立する自然の園だ。

002a.jpg

 憑依した後、たいていの場合、オレはこういった林の中で事を進める。
 もちろんこれが危険であることは承知している。実際には、使える空き家のようなものだって把握している。それでもオレは枯れ落ちた紅葉を踏んで林に分け入った。

 なぜか――答えは簡単だ。
続きを読む

【経口憑依1】

 秋だ。
 空気が冷え、木々が紅く染まりはじめ、少しずつ世界が静まっていく。
 オレは秋が嫌いだ――ろくな思い出がない。
 本当なら家でじっとしていたいのだけど、そういうこともできない。フワフワと漂うように街を彷徨う――

 ――ふと、少女を見つけた。

001a.jpg

 散歩でもしているのだろう彼女は、
 あまりに楽しそうで、
 あまりに幸せそうだった。
続きを読む

このページのトップヘ